涼好茶房

~自分らしく好きなことで毎日を楽しく生きるためのエッセンス~ 大阪豊中の喫茶店巡り・イラスト・スワロデコ・オーガニック・通販・風水実践etc.

*

ココナッツオイルとアトピー

      2017/02/08

前々回から続いているココナッツオイル特集(笑)今回が最終回です。

第一回人気!ココナッツオイルの食べ方
第二回ココナッツオイルの成分と使い方の話

なぜここまでココナッツオイルにこだわるのか?というと、主人が酷いアトピーなのです。
大学進学とともに一人暮らしをはじめ、社会人になってからストレスなどもあり、今では日焼けですか?と初対面の人に訊かれるほどに皮膚は赤黒くゴワゴワ。
ココナッツオイルがアトピー療法にいいとされることをまとめてみました。 IMG_0671[1]ココナッツオイル+ホットケーキミックスで作ったさくさくクッキー。ラズベリーのジャムとともに。

そもそもアトピーになるのは、どうして?

まず、最近ちまたで話題になっている【トランス脂肪酸】の話から。

トランス脂肪酸は、植物油に水素を添加して固形化した過程で発生する、人工的に作られた油。人体で消化する際、大量のビタミンとミネラルを消費する。
脂質によって細胞膜を作るが、その形成過程においてトランス脂肪酸が入り込むことで弱い細胞膜が作られてしまう。
⇒よって、免疫機能が弱まり、アトピーやアレルギーなどを引き起こす要因となる。

いろんなサイトからの話を要約するとこんな感じになります。

マヨネーズ・チーズ・ビスケット・クロワッサン・アイス・カップラーメン・生クリーム・パイ・ドーナツ・カレールゥetc…上げれば切りがありませんね。

アトピーに効果的なココナッツオイル

  • ココナッツオイルは浸透性が高く、肌に塗った瞬間から体の内部へ浸透。約10分で骨髄にまで浸透。老廃物を血液中へ溶かしだす作用がある。
  • ビタミンE、α-リノレン酸など、アトピー改善に良いといわれる成分含有。
  • 黄色ブドウ球菌の繁殖を防ぐ。(かゆみや炎症悪化の原因)
  • 保湿効果が高い(感想によるかゆみを抑えてくれる)

アトピー改善には腸内環境を整えること!

マーガリンはやめて、オリーブオイルなどにチェンジ。ジャンクフードはほどほどに。和食中心の生活

  • 消化の良いもの
  • 体を温めるもの
  • ミネラル、ビタミンB2を摂取。
  • 無農薬、無添加のものを摂る。

こんな食生活ではアトピーを悪化させます!

  • 油っぽい食べ物
  • 白砂糖
  • 香辛料
  • コーヒー
  • 農薬、添加物な食べ物。
  • 冷たい食べ物、飲み物

…どれも男の人が大好きなものですよね…^^;

a1470_000017_m写真はアトピーやココナッツオイルとは関係ありません!

まずはできることから!

とりあえずココナッツオイルを気に入ってもらうところから始めましょう。

少しずつ普段の料理に使っていくだけでも違うと思うんですよね。

主人は、晩酌には必ずポテトチップスかコンビニのジャーキーやチーズなどジャンクフードが付き物だし、何より鶏のから揚げが大好き。完治はそうとう難しいでしょうけど、皮膚科でもらうかゆみ止めの薬が減るのは大きいと思うんです。(本人のお小遣いのためにも)

何よりも本人がこのかゆみと一生付き合っていかなければならないわけで。私としてはいつかできるであろう子どもが、皮膚科と無縁であることを祈るばかり。

私は10歳のころより20年ものあいだニキビで苦しみ、何ヶ所も皮膚科を変え、治療方法を変えてきましたが、何も変わらなかった…。誰も腸内環境が大事だということも知らなかった。(落ち着いたのは年取ってホルモンバランスが変わったからかしら?(笑)

このページが、今もニキビやアトピーで苦しむ人たちの、ちょっとした救いになればいいなと思います。

 

JASオーガニック認定バージンココナッツオイル500ml 1本【期間限定!キャンペーン価格!】…

JASオーガニック認定バージンココナッツオイル500ml 1本【期間限定!キャンペーン価格!】…
価格:1,890円(税込、送料別)

 - オーガニック, グルメ, ショッピング, 健康 , , , ,